2018年12月12日

2018年12月2日のうたごえ喫茶

  
  今回のテーマは 「冬の夜、楽しい集い」

 リニューアルオープンした前回も大好評でしたが、第2回の今回はそれを大きく上回る参加者の数! 
店内は、満員以上の大入り。お客様の熱気がいっぱい。
参加者なんと!73名。初めての方が13名もいらっしゃいました。

大勢で声を合わせての大合唱は、ボリューム満点!迫力満点!
歌うことが好きな人ばかりで気持ちはひとつ、すごく気持ちのいいものでした。

席を詰めていただいたり、狭い場所に座っていただいたり、お客様にも大いにご協力いただき、ありがとうございました。

新しい会場に移ってまだまだ試行錯誤中です。
今回も、改善すべき点がありました。
次回に向けて、団員全員で話しあい頭をひねりながら、よりよいうたごえ喫茶にできるよう努力してまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。

ペチカ
冬の夜
冬の星座
雪の降る街を
ひいらぎ飾ろう
まき火と羊
きよしこの夜
もみの木

旅人よ
異邦人
いちご白書をもう一度
ふるさとは今もかわらず
紅葉
翼をください
野に咲く花のように
ゴンドラの唄
世界は二人のために
私の子供たちへ
夢をあきらめないで
白い花の咲く頃
リンゴの唄
陽はまた昇る
あなたが夜明けを告げる子供達
サライ

合唱団知多演奏曲 喜びも悲しみも幾年月
飛び入り演奏  亜麻色の髪の乙女



2018年09月21日

2018年9月9日のうたごえ喫茶

初めてのダイムで
  熱気ムンムン65名!

にゃおかふぇ突然の閉店から、やっと新しい場所での再出発です。
本拠地半田の近辺で、一定の人数が座れて、うたごえ喫茶に理解のあるお店で、交通の便が良くて、駐車場があって・・・・・という条件をクリアする場所探しはなかなか大変でした。

やっと見つけたここ「ダイム」で、日曜日の昼間、うたごえ喫茶を開くことができました。
どんな雰囲気になるのかな、お客さんは来てくれるのかな、お店の人とうまくやっていけるかしら、などなど不安だらけの船出でした。

1時を過ぎるころから集まってくれたお客さんは、開始の2時にはほぼ満席。ソファは詰めてもらい、補助イスも総動員して65名の大合唱となりました。歌った曲は19曲。合唱団知多主催のうたごえ喫茶に初めて参加してくれた人6名。うたごえ喫茶初体験のママさんもとっても喜んでくれて協力的。うたごえ喫茶田園の時のお客さんも何年かぶりで顔を見せてくれ、初めての会場にもかかわらずにぎやかであったかい雰囲気のうたごえ喫茶になりました。

歌った曲 (全25曲)
夏の思い出 灯 トロイカ カチューシャ 1週間 泉のほとり
野に咲く花のように 里の秋 北上夜曲 星影のワルツ 高原列車は行く この広い野原いっぱい 誰もいない海 ひだまりの詩 椰子の実 あざみの歌 異邦人 精霊流し遠くへ行きたい 涙そうそう 君をのせて フィンランディア 川の流れのように もずが枯れ木で 遠い世界に